アムウェイは実際に儲かるのか?仕組みと勧誘方法から徹底解明!

声をかける人脈が尽きても大丈夫!

 

あなたも一度はありますよね。

友人からのアムウェイの勧誘!

アムウェイに誘われたけれど

『本当に儲かるのだろうか?』

あなたが一番疑問に感じることに真相を

仕組みと勧誘方法から徹底的に解明してみました。

アムウェイの仕組み

簡単にアムウェイの仕組みを説明すると

まずはアムウェイの会社があります。

その会社はどこでも扱う商品を持っています。

あなたがアムウェイに参加するためには

まずはビジネスメンバーの登録をして活動開始です。

同時に購入者からディストリビューター

として販売する人をスカウトする

という仕組みとなっています。

「多階層(ピラミッド型)の販売員組織」

を形成していきます。

店舗を持たない販売形式と

いったほうがわかりやすいですね。

アムウェイはあなたの紹介によって

商品を販売していくという販売形式です。

アムウェイで扱う商品

化粧品、健康食品、健康器具、などがあります。

毎月消費する商品が多いですね。

値段は数千円のものから数十万円のものまで色々ですが

1万円前後の商品を扱うことが多いです。

この商品をあなたの知りあいなどに紹介していくのです。

アムウェイの報酬が発生する仕組み

アムウェイを始めるときに

気になるのは報酬プランではないでしょうか。

『実際に儲かるかどうか』

あなたが一番気になることじゃないでしょうか。

ではこのアムウェイの報酬は

どのようにして発生するのでしょうか?

アムウェイは商品を

流通させて利益を出します。

一般の店舗を構えて販売する方法と違って

◆宣伝広告が要らない、

◆店舗が不要、

◆社員やアルバイトも要らない。

そういうメリットがあります。

どうしてかというと愛用者(あなた)の

口コミによって広まり個人売買になるため

店舗が要らないのです。

なので社員もアルバイトも雇う必要がありません。

これらの経費がアムウェイでは不要になります。

その浮いた経費を製品を口コミで流通させている

ビジネスメンバーのあなたに還元してくれるのです。

その浮いた経費は半端なものではありません。

場合によっては億万長者だって出る可能性もあるのです。

ここにアムウェイの面白さがあるのかもしれません。

収入システムには企業によって還元率も違います。

アムウェイとは自分が商品を売った人が、

さらに消費者を紹介するとその人の消費額から

収入を得ることができるシステムをとっています。

この連鎖による流通で商品を流通していくのが

アムウェイなのです。

アムウェイの魅力

アムウェイにはどうのような

魅力があるのでしょうか?

①初期投資が数千円と少額から始められる

アムウェイは初期投資は1万円前後が多いです。

なのでビジネスを始めたいけど資本がないという人には

ぴったりのビジネスと言えるでしょう。

一般の店舗としてコンビニ経営を例にあげると

「加盟金」、「保証金」、「研修費」、「宣伝費」など

かかる費用が500万円~3000万円くらいかかります。

しかも月商の3%~5%をロイヤリティとして本部に支払うのです。

これはフランチャイズ形式なので仕方ないことですね。

②副業として在宅で始められる

あなたがサラリーマンなら脱サラしなくても出来ます。

一般のOLさんでも副業OKの会社なら今すぐ始められます。

独立して店舗を構えるのはかなりの勇気と覚悟が要りますよね。

その点アムウェイは副業から初められて

収入が増えてきたら本業にするというのもいいでしょうね。

③仲間とできるので孤独になりにくい

あなたがアムウェイを初めて分からないことなどは

たくさんの仲間がいるのでいろいろ教えてくれます。

まずはあなたのアップに聞けば親切に教えてくれますね。

普通のビジネスだとそんなに教えてくれませんよね。

このシステムはアムウェイの最大の魅力

と言えますよね。

あなたがアムウェイを始めても

決して孤独にはならないので安心してくださいね。

④時間の自由が手に入る

アムウェイが軌道に乗ってきて
あなたの収入が安定してくると

「権利収入」が手に入るようになります。

あなたが何をしていようとも収入が貰えるのです。

つまり時間的自由が手に入るというわけですね。

これは労働収入では絶対に手にいれることがない

アムウェイのメリットですね。

アムウェイの勧誘

アムウェイ勧誘方法

ABC(ホイラーの法則)というものがあります。

ホイラーの法則とはエルマー・ホイラーがつくった法則です。

「ステーキを売るなシズルを売れ」という本がありますね。

ステーキを売りたければ、シズル(ステーキを焼くときの音)

を売っていくことが大事であるいうことなのです。

あなたがお腹が空いている時に美味しそうなお肉の匂いや

焼かれる音が聞こえたら、お肉が食べたくなりますよね。

つまり商品の説明をするよりも描写を伝えるということです。

商品の感動を話すほうが相手に響きやすいのです。

これはアムウェイの勧誘で使っているのです。

アムウェイの勧誘の段階では

会社の製品や会社のアピールは行いません。

「アップライン」のT-アップから行うのです。

「私、凄い人に出会ったちゃったの!!」

とアップラインをアピールから始めます。

なんとこれはゴルフのティーショットから来てるそうです。

最初のショットのときは持ち上げて打ちやすくしてますよね。

要するにAさん、Bさん、Cさんがいたとしたら

Aさんの魅力を常にBさんがCさんに伝えておくのです。

つまりアムウェイの会社や製品はステーキであり

アップラインはシズルであるということです。

「ステーキを売るなシズルを売れ」ということに繋がりますね。

アムウェイの勧誘ではABCを使うことが多いのです。

前情報でAさんの魅力が伝わっていれば、信頼ある人の勧める

商品なら信用できると、Cさんもすんなり納得してくれるのです。

アムウェイではかなりの演技も必要かもしれませんね。

このあたりは劇団のような雰囲気かもしてませんね。

アムウェイは本当に儲かるのか?

「アムウェイ」と聞くだけで

キナ臭いと思う人が多いのです。

あなたもそう思ってるのかなと想像します。

「詐欺でしょ」

「ピラミッドの上に居る人達だけ儲けてるんだろ」

「違法じゃないの」

といったイメージを持たれている人は多いかと思います。

「誰でも簡単に稼ぐことができる」

「空いている時間を利用して気軽にできる」

そう聞かされて勧誘されますよね。

本当に誰でも簡単に稼げるのでしょうか?

誰でも稼げるというのは無理があるようです。

アムウェイを始めた90%以上の人が

途中で挫折してしまう言われています。

「ABCを利用すれば、簡単に勧誘できるよ」

「ABC」というアムウェイの勧誘システムがありますが

紹介されたCさんの立場になってみるとわかると思います。

いきなりBさんから呼ばれたと思ったら、全く知らないAさんから

「誰でも簡単にできる」

「スゴイビッグチャンスだから」

などど言われても驚くばかりでドン引きしてしまうだけです。

紹介されたCさんは嫌悪感を抱いてしまいますよね。

下手をしたらもう絶好してと言われ兼ねませんね。

世間でよくいわれている

「友達をなくしてしまうよ」

というのはこのことを言っているのです。

「商品が勝手に売れていくから大丈夫」

勝手に売れてしまうような商品だったら

アムウェイで販売しなくてもいいですよね。

その辺りは行き過ぎた勧誘になってしまいます。

「アムウェイ9つの嘘」にも

このような内容が書いてあります。

アムウェイのまとめ

アムウェイは「連鎖販売取引」とされています。

連鎖販売取引とは特定商取引法の第33条で定義されています。

「連鎖販売取引」は合法であり立派な販売形態なのです。

ただ非常に厳しい規制がはられています。

この規制を破ってしまったら違法となってしまいます。

アムウェイをするときは必ず「連鎖販売取引」

で定義されている規制を理解しておく必要があります。

「勧誘行為」に対して厳しく規制されています。

知らないうちに「犯罪者」にならないように気を付けたいものです。

もう人脈が尽きる心配はいりません!自動でリストが増える方法とは?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする